wimaxの通信制限って大丈夫?家族で動画も沢山見れるのかな?

インターネット改善計画

この画面は、簡易表示です

パケット料金の節約とおすすめのインターネット回線

回線を繋ぐとなると簡単なのがWIFI等やスマホのパケットがある。だがどれも制限がありそれを超えれば速度制限がかかる。となると無制限で有名なWIMAX、これが簡単で一番安い…と言うのは昔の話で今は法律上無制限と言えないらしい、結果WIFIとあまり変わらない。簡単に繋げて制限がかからないもの…もはや存在しない。となると簡単ではないが私の使用はほとんど家で使う。

他は多少の検索とナビをスマホに求めるのみ。そうなるとADSLか光で事足りるのではないか、ただ工事がめんどくさく賃貸のため引越しも今後ないとは言えないが変える工事費とスマホのパケ料金を考えると十分ペイできる。やはり値段を考えるとADSLに軍配があがるが自宅と電話局との距離を考えるととても速度が出ない。そこで泣く泣く光をと検討してみると昔の価格より断然安くなっている。

しかもキャンペーン等も換算するとADSLよりも安くなりえるところもあるが契約期間があるのでそれを超えると高くなるところもあるので注意が必要だ。今回うまく縛りなしのところで月額料金も抑えられるところに契約ができた。確かに工事までに時間がかかったが工事自体はものの1時間前後、その後すぐ開通し無線化で携帯を繋げ速度も上々。パソコンを無線で繋げて離れた部屋でとなると少々難があるのでそこはケーブルを繋げ対応。何の問題もない。

ただ一つ文句を言うとすればデザリングやWIFI等で繋げる場合と違って繋げるパソコン間やスマホ感での接続が簡単とは言えずモデムや無線化する機械のソフトをダウンロードしたり設定をしなくてはならないのが玉にキズで少々イライラしてしまった感はあるが繋がってしまえば快適さはお墨付きだ。スマホも外で動画を見るわけでもなくやることはナビや検索、メール程度であれば1Gでも何の問題もなく1か月使えている。家に帰ればそれこそビュンビュンで無制限で動画を見られるし何も気にする必要もない。

金額も1Gのパケット料なら7Gの頃から考えると3000円前の値下げで光の金額も賄えるうえ、夫婦で同じように1Gにしたので計6000円前後の値下げになり光の料金にしてもとてもスマホに使う金額が浮いていると言える。

実際外で動画を見たい人に取ったらこの方法はいまいち合わないものかもしれないが外で動画を見る人でなければ検索やナビ程度では1Gなんて全然使う必要はないので全然問題がない。やはりそう考えるとネット絡みで一番お金を食う金食い虫は断然スマホと言わざるを得ず光は高級品と言う時代ではなくなったと言えるだろう。



WiMAX最強説を掲げてみた

スマホを常に使用していると、誰でも気になってきますよね。

通信制限。

通信制限をかけられてしまった場合、ネットを使うアプリもブラウザも、最悪な使い心地になります。

「制限」というより「禁止」だろってレベルでページにつながりません。

そこで、通信制限の解決策として、「ポケットwi-fi」を持ち歩くなんて人もいるんじゃないでしょうか。

ポケットwi-fiとは、まあ、簡単に言うと持ち歩けるwi-fiルーターみたいなもので、スマホも繋げられるものです。wi-fiにつないでいないスマホより格段に通信速度も速くなりますね。

そんなポケットwi-fiですが、ポケットwi-fiにもいろいろな機種があって、その機種によっても特徴があります。

それはそのポケットwi-fiを作ってる企業に依存している部分も多く、

「この会社が作ってるポケットwi-fiはこういう特徴がある」

みたいなのがあります。

なので、もしポケットwi-fiを契約しようとしたらそれを知らずに契約してしまうのはもったいないの極みです。(あ、いや別にふざけてるわけじゃないですよ?)

そこでこれを読んでいるみなさんにも是非得をしてもらうために私が提唱するのがタイトルにもある

『wimax最強説』です。

はい。気になるでしょう。「なぜ?」という疑問以外にもたくさん疑問が湧き上がってくると思いますが、それに全て答えていきます。

まずきになることはこれだと思います

”読み方”

え、分かるわバカにするなって?

いやいやちょっと待って私さいしょこれ見たときわかんなかったんだけど・・・!

とかいう茶番は置いておいて、読み方は字面の通り[wimax」と書いて「ワイマックス」ですね。

さて、読み方がはっきりしたところでこのWiMAXのすごいところをバンバンご紹介していきましょう。(WiMAXの回し者じゃないから安心してね)

さっきの前置きにもあった通り、スマホを使っていたらきになるのが通信制限。この通信制限とは、あまりにもネットを使いすぎるとプロバイダー側が「お前何ギガ消費してんだふざけんな」って感じで一時的にネットを使えなくしてしまうというシステムなんですが、このシステム、実はポケットWiFiにもあるんです。家に置いてあるWiFiとは全く持って違うものなのです。

そりゃあそうですよね。定額だった場合、ひとりで10GBも20GBも一ヶ月に使ってる輩がいたら経営が成り立ちません。

ですが・・・聞いて驚け

WiMAXは経営を可能にしました

・・・・え?

はい。WiMAXは、通信制限がないんです。

他社はいまだにこのいきには達していません。

これでわかったでしょう。

WiMAXは最強なのです。



光回線やwifiについてガッツリ説明を

今回は光回線やwifiと呼ばれるものについて説明をさせていただきたいと思います。まず光回線と呼ばれるものはよく耳にする機会が多いと思いますがその名の通りインターネットの回線のことを指します。

その光回線は主にNTTが提供しているとフレッツ光という名称になったり、auが提供しているとau光などと呼ばれています。インターネット回線のなかでも光回線はとくに早いためパソコンと一緒に契約をして家に回線を引っ張る工事をする人が今の時代だと大半です。ただ、どこの環境でも絶対引けるというわけではなく、まず光回線をひいてつかえる地域かどうかの確認が必要です。

アパートやマンションだと、すでに回線を引っ張るための設備が整っていたりする場合もあります。その場合は管理人などに問い合わせ確認をあらかじめしましょう。

そして一戸建てのを新たに建てて引っ張る場合や、設備がなくアパートやマンションで自分の住む部屋に回線を引く場合平均1ヶ月ほどかかることを念頭においてください。そして重要なこととして、回線をそもそも引っ張るためにはどこと契約をしたらいいのかということですが、プロバイダーとよばれる回線をひいたあとインターネット接続に必要なidやパスワードを発行している業者とまず契約して、そのプロバイダーの対応している回線を契約するのが一般的です。回線業者と契約してからプロバイダーを決めるといったことも可能です。

そして、そのとき契約したところによってキャンペーンの内容が違ったりするのでそちらは契約の際に確認をしましょう。

では契約したあとは工事をしていよいよ光回線を利用する事が出来ます。

必要な機器は工事がおわるまでには届いてるはずなので、接続方法は確認しておくとスムーズです。回線をひいてある建物内で機器をとおして、パソコンやゲーム機、スマートフォンなどを光回線の速さで利用可能です。

接続方法は主に二種類あり、線でルーターとよばれる機器とパソコン等をつなぎインターネットをする有線lanとルーターから電波をつかって無線のように利用できる無線lanがあります。

この無線lanとよばれる形式がいわゆるwifiとよばれるものになります。パソコンやスマートフォンやゲーム機をすべて同時にインターネットに繋ぐことができ、コードがないため快適に室内でのインターネットが楽しめます。以上が光回線とwifiについての説明となります。あなたも是非光回線を利用してみてはいかがでしょうか。




top